タロットと星とまろ

京都・大阪の出張占い師 望月まろのアレコレ

ふと、、、

※この投稿は18日に発生した
大阪北部地震について書いたものです。
投稿した理由は後ろの方で書きますが、
気分を害する方もいらっしゃるかと思います。
その際は読み進めずに閉じて下さい。。。

 


Twitterか何かで
18日の大阪の地震が前震だとしたら、
本震はいつだ??
という文を見て、
そうかもう一回来るかもしれないのか
と感じました。
星読みの端くれですが
何か分かるかと思い
考えてみました。

 

用意したのは、
A.東日本大震災

f:id:fullmoon_maro:20180621020311j:plain

 

太陽―月:60° 太陽―天王星
(以下、太・月・天)

 

B.阪神淡路大震災

f:id:fullmoon_maro:20180621020318p:plain

太―月180° 月―天180° 太―天0°

 

C.熊本地震

f:id:fullmoon_maro:20180621020441p:plain

太―月90° 太―天0°

 

D.関東大震災

f:id:fullmoon_maro:20180621020511p:plain

太―月120° 月―天60° 太―天180°

 

E.18日の地震

f:id:fullmoon_maro:20180621020545p:plain

太―月60° 月―天120° 太―天60°

 

それぞれのホロスコープから
太陽・月・天王星の3惑星同士のアスペクトについて見てみました。

3惑星が分かるようにAだけ赤マルで囲んでみました。
過去の地震も例を挙げるとキリがないので、
何故か目に留まった4つにしました。

見て思ったのは、
太陽―月が0°(新月)と180°(満月)の時ばかりではなかったこと。
Bのみ満月でした。
地震が満月と新月に関係してるという記事をチラッと見たんですが、
これは意外でした。
やっぱり90°が関わってくるのかと思ったのですが、
60°と120°が多かったのはこれまた驚きました。

 

で、
18日(E)の図を進めてみると
6月23日

f:id:fullmoon_maro:20180621020718p:plain

太―月120° 月―天180° 太―天60°

 

6月28日

f:id:fullmoon_maro:20180621020745p:plain

太―月180° 月―天120° 太―天60°
というのが出てきました。

組み合わせは違いますが、
Dの時と同じように
60°・120°・180°の3つの数字が出てきました。
という訳で
もし本震が起こるとしたら、
23日(土)・28日(木)ではないかと思いました。

ちなみに28日は満月。

 

………。
占いをポジティブに活かそうと
対面鑑定で言いながらも
こういったことを探して書いて
人様の不安をあおってしまったかもしれません。
ごめんなさい。
Dと23日の関係は19日の時点で気付いて、
28日は昨日の対面鑑定中に
地震の話となり出てきました。

書くか書かないか迷いましたが、
食器を洗ってる時にふと思いました。
これって、馬券を買う時・買わない時に似てる!?

 

わかりますか??
買わないで出馬表だけ見て
この馬なんとなく良いな!
と思ったのがホントにきて
買えば良かったー!!という時と
買った時に限ってダメダメだった…。

 

つまり
本震について言わなかったら起きて、
言うと起きない。
外すために書いてみよう!
と思った訳でした。
なので23日と28日に起きなくて
外れてるやないかい!!
と後日突っ込んでもらえるとありがたいです。

外れた方が良いんです。。。

 

もちろん、何事もないのを願っています。
長文にお付き合い頂きありがとうございました。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、 当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。